14回目:大事なことは2つ。週1回は運動を継続そしてフォームを重視する

14回目:大事なことは2つ。週1回は運動を継続そしてフォームを重視する

Woman with Personal Trainer in gym

ライザップ14回目です。
2014年1月27日にライザップ静岡店がオープンした日に伺ってから、
もう14回目なのかー。

1月の頃は、先は長いなーっと思っていたのですが、
あっという間なんですね。

当時は時間の経過と共に、
お腹が出っ張ってきた危機感からトレーニングの必要性を感じていました。

自分の体を見ると、これが自分のお腹なのか?
っと、がっかりする日々でした。

ところが今では、
これが自分の体なのか?っと驚きます。

それほど、この短期間で脂肪が落ち、
引き締まり、筋肉がついた体になっているからです。

うれしい驚きです(^^)
なんだかんだ言って、ライザップってすごいなー。

14回目の測定結果は?

02

・体重:74.6kg(前回比-0.3kg)
・体脂肪率:14.7%(前回比-0.9)
・内臓脂肪率:5.5(前回同)
・骨格筋量:37.0(前回+1.0)
・体内年齢:34歳(実年齢は46歳)

数字はうる覚えなので、若干違っているかもしれません。
16回のライザップが全部終わったあとに、正確な数字を掲載しますね。

体重は300g減りました。
うれしいのは、体脂肪率が14%代に突入し、骨格筋量が37という大台に乗りました!

骨格筋量が増えると

04

特に骨格筋量というのは、筋肉が増えているということなので、
基礎代謝が大きくなっているということです。

つまり、太りにくい体になっている、
っと考えても良いわけです。

ここ最近のトレーニングは、
回数は少なくても、ウェイトを増やして最大筋力を出力するというやり方でした。

トレーナー曰く、
このやり方が功を奏し、骨格筋量が増えている、
ということです。

人によって個体差があり、
マッチするトレーニング方法があるようです。

また、体調やその段階に応じても違うようです。

トレーニングはベンチプレスから

bench_bad_ani

14回目のトレーニングはベンチプレスからスタートしました。
いつもは、スクワットからです。

たぶん、スクワットやると、
ヘロヘロになりすぎて、ベンチプレスが上がらなくなるので、
最初に持ってきたのだと思います。。。(^^;

たぶんですが。。。

その甲斐あって、割とシッカリと力が入るような気がしました。
気がしただけかも、知れませんけど。

その後、いつものバックスクワットを
たしか60kgから行い、85kgまで。

85kgは1回しか上がりませんでした。
シメは、20kgのバーベルバーのみで15回のバックスクワット。

軽いのですが、結構息が上がります。

筋肉は1週間休むと衰える

03

14回目は、ライザップ終了後のリバウンド対策
トレーナーに教えていただきました。

私は、住まいの市町村にある体育館の
トレーニング施設へ行こうと思っています。

公的施設なので、1回100円と安いですし、
車で5分と近いので、便利なんです。

筋肉は1週間何もしないと
衰え始める、ということです。

つまり、週に1回は必ずトレーニングをしないと、
せっかく骨格筋量を増やしたのに、筋肉が減ってしまう。

これは、筋肉が減ることで基礎代謝が下がり、
太りやすい体へ逆戻りすることを意味します。

しっかりと週一のトレーニングは行わないと、いけないですね!

また、ライザップを月に1回ないし、
月に2回という利用方法で活用するのもあり、ということです。

ライザップというと、
メンテナンスでも週一回〜二回は通わないといけない、っと思っていましたが、
月に1回のメンテナンスでも効果的のようです。

低糖質食では力が入らないことも

d_buffet

今行なっている低糖質食は、朝・昼・夕食と
全てを低糖質食として行っています。

ライザップ卒業後は、夕食のみ低糖質食ということを
心がけていこうかな、という感じです。

その普通の食事に戻るまでの間、
低糖質食の状態で、トレーニングすると、思ったよりも力が出ない事が多々あるそうです。

なので、自分一人でトレーニングする際は、
重量をいきなり重くせず、様子を見ながら行うのが良い
っと、トレーナーにアドバイス頂きました。

やっぱり低糖質食って、力が入らなかったりするんですね。
気をつけようと思います。

とにかくフォームを意識する

1821486

ライザップ第1回目から、担当トレーナーに何度も言われています。
繰り返し何度も言うぐらい、大切だということです。

その大切な事とは、トレーニングの「フォーム」についてです。

フォームを大切にする理由は2つあります。

1、事故や故障が起きないようにする
2、より効果のあるトレーニングにする

1番については、言うまでもありませよね。
正しいフォームでトレーニングを行わないと、事故や故障の原因になったりします。

特に重い重量を使う場合は、
なおさら神経質にならざるを得ません。

ゆっくりで良いので、ひとつひとつフォームをチェックしながら、
しっかりとトレーニングを行おうと思います。

また、2番については、
より効果的なトレーニングという観点での正しいフォームです。

ちょっとした肘の角度や、体の起こし方、前傾の仕方、手首の角度などにより、
その種目のキツさが全く違ってくるという経験があります。

キツイということイコール、正しいフォームの場合が多いです。

せっかく同じ時間を使ってトレーニングしているのに、正しいフォームを知らないだけで、
効果が半減してしまうんですね。

これは、たぶん素人では中々わからないと思います。

特にセット数を積み上げ、疲労が出てくると、
自分でも知らず知らずのうちに、フォームを崩して、
単に重量を上げることに終始してしまいがちです。

あくまでも、正しいフォームで、
効かせたい筋肉により効果があるようにするのがトレーニングの目的です。

単に重いものを持ち上げるのが、
トレーニングの目的ではないはずですよね。

そういう意味では、ライザップでひと通り、
正しいフォームと、筋肉の効かせ方をトレーナーから教えて頂くので、
自分で行う場合にも、一度習っていると大変助けになります。

まとめ

fitness-nail

トレーナーからのアドバイスで、
最近、夜の21時に飲むソイプロテインを水ではなく、牛乳で飲むようにしました。

牛乳だとカロリーがあるのですが、
一緒に飲むと吸収が良いのが理由です。

そこで、大きな驚きがありました。

それは、牛乳は甘い!っということです。
低糖質食の食事管理を行っているからだと思います。

牛乳がこんなに甘いものだと、初めて知り感動しました。
今までは牛乳って、特段好きという感覚はなかったのですが、今では牛乳飲むのが楽しみです。

トレーニングの方法にしろ、
トレーニングのフォームまた、低糖質食の管理方法と体の変化など、
ライザップを通して学ぶことは沢山あります。

これらは、知識として他の人の体験談のブログを見たり、
低糖質食についてWebを調べてみても、その本質はわかりません。

やはり、自分の身をもって体験してみて、
はじめて、その意味がわかります。

・運動はホルモンにより見た目が若々しくなります
・運動は脳を活性化させる最良の方法です

また、今後の食生活や、運動を含めた体調管理、体型維持
そして「健康」という
大きな枠組みで自分の意識が変化するのを感じられると思います。

意識が変わると、行動が変わりますからね。
その行動を一過性のものではなく、習慣にするよう、自己管理をがんばります。

そういう意味においてライザップって、
本当に人生を変える力があるんだな、と思いました。

ぜひ、多くの方にチャレンジしていただきたいです。

あと残り2回、はりきってやり抜きます!


スポーツジムのランキングを見る















スポーツジムダイエットで40代メタボを肉体改造 > ダイエット体験レビュー > 14回目:大事なことは2つ。週1回は運動を継続そしてフォームを重視する