ダイエットは血糖値コントロールで痩せる

ダイエットは血糖値コントロールで痩せる

2

最近のダイエットは、
単にカロリー制限や食事制限を行うだけでは
効果が単発的でリバウンドしやすい、と言われていますよね。

例えば、パーソナルトレーニングジムにいくと、
パーソナルトレーナーから、ダイエットに関する血糖値のコントロールを教えてもらい、
ダイエットするためのトレーニングを、より効果的に行うことが可能になります。

>パーソナルジムのランキングを見る<

なぜ、血糖値が大事なの?

measuring-blood-glucose

血糖値というと、
糖尿病の方だけが必要な数値、というイメージを持っている方がいるかもしれません。

でも、普通の人でも血糖値は常に意識するべき数字だと
言われています。

この場合、ダイエットという観点から
血糖値コントロールは重要ではないでしょうか。

余談ですが、
血糖値の急激な上昇は、急激な下降となります。
その結果、ダルさや眠気が起きることは、あまり知られていないように思います。

食後、消化のために血液が胃や腸に集まるから、
眠くなると思っているようです。
食後の眠気は、血糖値の影響を受けていることが多々あるようです。

さて、話を戻しましょう。

特に30代・40代・50代の方は、
基礎代謝が徐々に落ちて、太りやすい、脂肪を蓄積しやすい、メタボになりやすいですよね。

この年代、運動習慣はさておき、
食事のメニューに気を配る必要があります。

その気の配り方の一つの指標が、血糖値です。

同じダイエットに取り組むにしても、
血糖値を意識するのとしないのでは、そのダイエット効果が大きく違ってくるからです。

サプリメントだけでダイエットできるなど、
食事管理を、簡単に考えないほうが良いのではないでしょうか。

血糖値コントロールによる
ダイエット効果は2つあります。

>パーソナルジムのランキングを見る<

1、糖質オフで脂肪を蓄積しない

img_pro_sure_know_un_02

糖質オフダイエット(低糖質ダイエット・糖質制限ダイエット)は、
「糖質」を含んだ食べ物を極力食べないように意識して、献立を考えます。

外食の時などは、
糖質を含んだ食べ物は残して、葉物サラダやタンパク質系のものを中心に
食べるようにするわけです。

残すのはもったいないですが、
ダイエットは、自分の健康のためなので仕方たがありません。

糖質オフダイエットを経験したことがある方はわかると思いますが、
糖質オフを実行すると、1~2週間で2~3kgはすぐに体重が減ります。

食べる量を、そんなに減らしていないのに、です。

その理由は、血糖値です。

「糖質」を摂取しないようにしている影響で、
血糖値が急激に上昇する機会が少なく、体内に脂肪を蓄積する仕組みが
働きにくくなるんです。

これが血糖値コントロールによる、ダイエット効果です。
私も実際に経験したことがありますので、
その効果の早さには驚きます。

しかし、
糖質オフダイエットは、期間限定
体重や体脂肪をコントロールする目的で行うのが好ましいでしょう。

>パーソナルジムのランキングを見る<

2、GI値を意識する

fig_or_antioxidant_01

GI値という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

グリセミック・インデックス」と呼ばれている指標のことです。

何かというと、
食品を食べたあとは、血管内のグルコース(ブドウ糖)量が上昇します。

これを数値化したものが、血糖値です。
この血糖値の上昇を時間軸で表したのもが、GI値です。

食べ物の種類により、
食後、急激に血糖値が上昇する食品(高GI食品)や、
緩やかに上昇する食品(低GI食品)があります。

急激に血糖値が上昇する食品(高GI食品)の代表が「ご飯」です。
いわゆる炭水化物ですね。

ではなぜ、急激な血糖値の上昇はNGで、
緩やかな上昇はOKとなるのでしょうか?

その理由は、インシュリン(インスリン)の放出です。

インシュリンが放出されると、
脂肪を蓄積しやすいシステムがオンになります。

整理しますね。

血糖値の急激な上昇
 ↓
インシュリン放出
 ↓
糖質が脂肪として体内に蓄積

この仕組があるので、
食後血糖値は緩やかな方が太らない、ということになります。

血糖値コントロールがダイエットに効果的なので、
なるべく低GI食品を選んで食べることで、脂肪が蓄積しにくくなる、
というわけです。

>パーソナルジムのランキングを見る<

食べる順番を意識する

gi3

血糖値コントロールと言う観点から、
食べる順番というのは、とても大事です。

例えば、お腹が空いている時にご飯を先に食べると、
血糖値は急激に上昇します。

これって、ダイエット的視点だと
よくないことですよね。

ところが、
先に低GI食品の「牛乳」や「葉物野菜」を食べ、
後からご飯を食べると
ご飯を最初に食べたときよりも、血糖値の上昇は穏やかに上昇します。

・空腹 ⇒ ご飯 ⇒ 血糖値は急激に上昇

・空腹 ⇒ 低GI食品 ⇒ ご飯 ⇒ 血糖値上昇は穏やか

>パーソナルジムのランキングを見る<

まとめ

パーソナルトレーニングジムにいくと、
この辺りの食事管理も含めて、
ダイエットとはどのように行うのが効果的で、リバウンドしにくいのか、
ということを教えてもらえます。

また、
教えてもらうだけではなく、
自分自身で実際に体験・経験するので、
生活習慣として取り入れることが可能になるんです。

つまり、
ダイエットを行うには、
知っておくべき情報があり、知らないとダイエットできないまたは、
知らないとリバウンドする、
ということになります。

知っているか、知らないか。
ただこれだけの小さな事が、大きな結果に結びついているんですよね。


スポーツジムのランキングを見る