13回目:ベンチプレス「追い込み」で腕が上がらない体験

13回目:ベンチプレス「追い込み」で腕が上がらない体験

tera-fitness

13回目のライザップです。

今回はいつもの電車に乗り遅れ
10時スタートのはずが、10時20分にライザップ静岡店舗へ到着。

トレーニング時間が、
あと20分〜25分ぐらいしかない。
まぁ、自分が悪いので仕方ないですよね。

ところが、ライザップさんの計らいで、
11時に変更して頂いていたのです。

いやぁ〜、申し訳ないことをしてしまいました。

たまたま、11時からの予約がなかったから、なのかもしれませんが、
助かりました。

13回目の測定結果は?

fitness-models

・体重:74.9kg(前回比-0.7kg)
・体脂肪率:15.6%(前回同)
・内臓脂肪率:5.5(前回比-0.5)
・骨格筋量:36.0(前回同)

体重は順調に落ちていたので、ホッとしました(^^)
でも、体脂肪率と骨格筋量が前回と同じだったので、がっかりしました。

トレーナー曰く、
前回と同じですが、体重が減っているのに維持しているのはグッド、
ということです。

また、内臓脂肪レベルが0.5減少しているのは、嬉しかったです。
食事管理など、かなり意識して行っているので、ちゃんと数値となって結果が出るとうれしいですよね。

バックスクワット90kgに挑戦

20130620170021-fitness-training

バックスクワットからスタート。
60kg、70kg、80kgと増やして回数を少なくしていきます。

そして、はじめての90kgです!
トレーニングに慣れている方は、100kg超えのバックスクワットぐらいなんてことはないのでしょうけど、
私としては初めての重さだったので、ビビリました。

バーベルのバーについている、おもりの輪っかの大きさを見ただけで、
驚きがあります。

最大筋力に挑戦ということで、90kgはたったの2回のみ。
しかも、ハーフスクワットなのですが、肩にずっしりと重く、息が上がります。

無事に出来ましたけど。

スクワット最後は40kgで15回です。
90kgの後に40kgを持つと、軽く感じる(^^)

でも15回の内、8回目ぐらいからキツく感じ、
かなり息が苦しくなりました。

ベンチプレスで力が入らない

IMG_2413-1024x768

上半身はベンチプレスです。
最初は軽めで、セット毎に重さを増やし、回数を減らすやり方です。

55kgという重さに挑戦しましたが、
いやぁ〜、上がらないです。。。

持ち上がらなくても、トレーナーが補助してくれて、
なるべく自分の力で支えるようにしてくれるのですが、
なにしろ力が入らず、腕を上げているだけで精一杯という感じがしました。

なんか、自分の腕ではないように、力が入らない。

いつもフォームをチェックしてもらい、
左右の肩甲骨を寄せて、胸を張った状態で揚げるように言われるのですが、
中々上手く行きません。

もっと鍛えないとダメだな〜。
ベンチプレスのかわりは、自分で行うときは腕立て伏せが良いらしいです。

トレーニングがない日は、
腕立てを行うようにしよう。

トレーニングは追い込みが大事

Fitness-jobs-for-students

追い込み」って、言葉はなんとなく意味が分かりますが、
ライザップに来て初めて知りました。

もうこれ以上はできない、
という状態からさらに負荷をかけ続けることで、筋肉が限界を超えるので、
筋繊維を太くするのに効果的、なのだそうです。

「もう、これ以上無理」って状態から
さらに行うので、キツイんですよね。

当たり前ですが、楽なトレーニングしていたら、
意味が無いというか、筋肉が鍛えられないので、きつい思いをすることに意味があると思います。

でも、これって自分一人では、中々できません。
ツライと思ったら、やめちゃいますよね。

ライザップのトレーナーが大きな声で、
あと何秒、あと何回、っと励ましてくれるからこそ、限界に挑戦できる。

ダメだとおもっていたけど、
自分の限界を超えることができる。

ライザップトレーナーの存在は大きいです(^^)
トレーナーとの信頼関係があってことですよね。

臨機応変に種目を組み立てる

853efdf9-5ae9-4212-95e4-de25d7298414_l

今この種目をやっていますが、次はこれとこれをやります。
トレーナーは、トレーニングをやりながら、進行を教えてくれたりします。

でも、疲れ具合を見ながら、
予定種目を間引いて飛ばしたり、予定していた回数を減らしたりします。

そして、別のプログラムを試してみたりと、
臨機応変に対応される様子は、「さすが、プロのトレーナー!」っと
感動します。

その場面、場面で、瞬時に判断して、
どんどんプログラムを切り替えて変更していくんですね。

しかも、より効果があるように考えている。
すごいなーっと、思います。

ライザップに来る価値というのは、
このように質の高いトレーナーが、ダイエットを手伝ってくれるというのが大きいと思います。

まとめ

eat_woman_lunch

13回目も、下半身とか上半身の区別なく、
全身くまなくトレーニングで使うことができたようです。

トレーニング終わった後は、
やっぱりいつもヘロヘロになります。

でも全力でやりきった感は、爽快で気持ちが良いです。

食事管理について言えば、
かなりストイックに、きっちり行っているので今のところ体重減少という結果が出ています。

でもその分、あと3回のライザップが終わったあと、
リバウンドが怖いなーっと思っています。

14回目の時には、リバウンドと食事について、
トレーナーに質問してみようと思います。

覚えていればですが。。。

食事の量という観点では、あまり苦痛に感じませんが、
食事のバリエーションという点では、甘いモノを含めて、色々と食べたいものが盛りだくさんです。

思うに任せて食べていたら、
きっとすぐにリバウンドしてしまうなぁー。

怖いなー。

せっかくここまで成果が出ているのだから、ムダにしないよう
しっかりと自己管理していかないと。

残り3回、精一杯がんばろう!


スポーツジムのランキングを見る















スポーツジムダイエットで40代メタボを肉体改造 > ダイエット体験レビュー > 13回目:ベンチプレス「追い込み」で腕が上がらない体験