減らしたいのは脂肪。除脂肪体重は減らさない

減らしたいのは脂肪。除脂肪体重は減らさない

02

ダイエットで痩せるとなると、
とにかく体重を減らさなくては!っと思いがちですよね。

でも、ちょっと待って下さい。
ほんとに、体重を減らせば良いのですか?

減らしたい、無くしたいのは、「脂肪」ですよね。
筋肉や骨の量を減らしては、基礎代謝が減少してしまいます。

除脂肪体重は減らさない

除脂肪体重という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

その名の通り、
脂肪を除いた、残りの体重のことです。

残りの体重とは、
筋肉、骨、内蔵、皮膚などです。
もちろん、水分も含まれます。

理想は、骨格筋量を増やし、脂肪を減らしたいはずです。
では、どうすればよいのでしょうか?

この答えは、ひとことです。
「食べる」

痩せるには食べる

fit-guy-eating

痩せるのに食べるというと、
なんか逆のことをしているような感じですよね。

でも、長期的にきちんと痩せるには、
食べないといけないことを知りました。

量を沢山食べるという意味じゃないですよ。。。(^^;

そのためには、
糖質制限の食事が必要になります。

タンパク質と葉物野菜を中心に、
栄養のバランスを考えつつ、献立を考える。

結構面倒ですが、糖質制限食の体重への影響は、
すごいです。

運動は避けて通れない

4

そして、ダイエットで痩せるためには、
楽はできないですよね。

運動習慣は、避けて通れないと思ったほうがいいです。

逆に、運動せずに痩せた場合は、
不健康かまたは、リバウンドする痩せ方だと思います。

2種類の運動

Back flex

まず大事なのが、有酸素運動。
ランニングとかウォーキングが思い当たります。

有酸素運動で体脂肪を燃焼する。

そして、筋トレなのどの無酸素運動。

筋繊維を太くして、
基礎代謝をアップするだけではなく、
筋トレによって成長ホルモンの恩恵を受けることができます。

その恩恵の主たるものが、
筋繊維を太くすることと、脂肪の燃焼です。

まとめ

5

ダイエットで体重を減らすといっても、
「除脂肪体重」は減らしてはいけないんですよね。

体重はダイエットの結果、減少するもので、
体重を落とすことがダイエットの目的ではない、ということです。

ダイエットの目的は、
健康でかっこ良く、本来の自分の魅力を引き出すことにあります。

不健康にしかも、
一時的な体重減少って、全く意味が無いですね。

ダイエットに近道なし!
食事管理と運動習慣で、少しずつ減量していきましょう。

自分で管理できない、
やり方々が解らない方は、手っ取り早くパーソナルジムに行くのが良いです。


スポーツジムのランキングを見る















スポーツジムダイエットで40代メタボを肉体改造 > スポーツジムダイエット > 減らしたいのは脂肪。除脂肪体重は減らさない